司法書士専門のSEO対策済ホームページ作成はポイントキーワードにお任せください。

  司法書士専門ホームページ作成トップページ 上位表示保証 セールスポイント サービス一覧 制作実績 料金プラン お問い合わせ

検索エンジン対応済の国際標準ホームページ制作・作成

 すでに気がついている方もいるかもしれませんが、このホームページは国際標準規格に従って制作されています。またそればかりではなく、HTMLではなくXHTMLで書いており、構文そのものの正確性にもかなり気を使って制作を行っています。


 ただ、この国際標準規格とか、XHTML構文がどうだとかっていうのは、ぱっと見では誰もわかりません。でもちゃんと目的があるから、わざわざそういう規格で制作しているのです。このページをぱっと見て国際規格であると判断できる人は、実は人間ではなく、グーグルなどの検索エンジンなのです。このページの左下にW3CXHTMLとW3CCSSという文字の入ったロゴがありますが、このロゴが国際規格を表しているのですが、このロゴがついていればOKということもなく、ちゃんとリンクされていて、エラーの表示が出ないということが重要です。ロゴはあるけど、W3Cにリンクされていないホームページを多く見かけますが、その殆どはちゃんとした構文で制作されていません。(悪意で載せているかどうかはわかりませんが、エラー表示が出るサイトがとても多いことは残念です)


 昨今ではホームページ制作ソフトなどの、半自動でホームページを作成できるツールなどが多くありますが、実は、そういう手法で制作されたホームページは、XHTML(ホームページの文法だと思ってください)が複雑で、検索エンジンにはとてもわかりにくい構造をしています。誰でもその中身を見ることはできて、今もこのページの構文をみることはできますので、一度ご興味のある方はマウスを右クリックして、ページのソースを表示 を左クリックしていただければ、現在ごらんになっておられますページのソース(構文)を見ることができます。


 皆さんグーグルやヤフーで検索を行った時に、検索結果の数が表示されて、1ページあたり、10件(ファーストページは広告などを入れると20件弱)の検索結果が表示されますね。これって、検索キーワードを入れるまでは探す人の手作業ですが、検索ボタンを押した瞬間からは、検索エンジンのコンピューターが、コンマ0.00何秒という速度で検索結果を表示します。


 ということは、それだけ少ない本当の一瞬で、コンピューターは世界中のホームページから情報を拾ってくるのですが、その時にコンピューターの思考回路をわずらわす、判断を遅らすようなHTML構文で制作されたサイトは、当然検索結果のうしろに回されます。ほんの一瞬でサイトの中身がコンンピューターに理解できる構文というのが、この国際標準で制作されたXHTML構文構造を持つホームページなのです。


 だからこの国際規格が検索上位にでてくるための一つの条件であることがご理解頂けると思います。しかしこの構造で制作されているホームページはとても少ないのです。その一番の原因は制作コストで、W3Cの国際規格でHTMLもXHTMLという次世代の構造のページで、しかもXHTML構文が100点で制作されているこのサイトのようなホームページを制作会社に制作してもらうと、とんでもない請求額を要求されること間違いなしです。(おそらく弊社が日本で一番安く制作できるかもです)。Another HTML-lint gatewayというホームページの構文を厳しくチェックできるサイトがございます。ここで100点とれなくても関係ないと書かれている方もおられますが、100点までいかなくとも、せめて80点はクリアーできたらいいですね。現在皆様が見られているこのページのアドレス(http://www.shihou-jp.com/seisaku/index.html)をコピーされて、Another HTML-lint gatewayのURLの箱の中にペースト(貼り付け)をして、チェックボタンをクリックされてみてください。この現在のページが100点であることが証明されます。ちなみに、今、あなたの会社に営業をかけてきている会社のホームページアドレスもチェックされてみられると、その実力を誰でもチェックできますので一度確認されてみてください。また、すでにホームページをお持ちでしたら、ご自分のホームページの制作会社の力量がわかります。


 さらにこの現在のページの一番左下に2つのマークがありますが、これが世界標準を証明するリンクになっています。よく同じマークがかいてあるホームページを見かけますが、リンクが貼っていなければ、そのホームページが本当に正しい構文で書かれているかどうかはわかりません。ただ、このマークを貼っているだけというサイトもよくございますのでご注意ください。このマークをクリックされて、エラー表示がなければOKです。残念ながら、リンクがちゃんと貼ってあっても、エラーがでているサイトも少なくありません。


 このホームページに皆様がどういうキーワードで来られたかはアクセス解析で把握できますが、一度、グーグルかヤフーで「ポイントキーワード」と入れて検索されてみてください。その検索結果の数は約5千3百万件あると思います。日本語で書かれたホームページで、ポイント、キーワードの2つの言葉が使われているページが5千3百万枚あるということです。


 ここまで検索結果の数が多いキーワードはなかなか存在しません。弊社がその「ポイントキーワード」のホームページを最初に制作するときに、まず言葉ありきでしたので、検索結果数が、1億だろうが、2億だろうが「ポイントキーワード」で1ページ目に出る自信がありました。案の定、制作アップロードの初日からわずか1週間ほどで、7位にまで来ました。(2011年9月初旬です)そして11月の初旬には、このサイトは2位になりました。(現在、2016年10月でもずっと1位をキープしています)


 

開いた本とペン